新幹線 回数券

全国新幹線格安料金&割引切符ALLガイド

新幹線の回数券とは?

新幹線には回数券というものがあります。
どんな回数券とも同じように、何枚かの切符がセットになって割引価格で購入することができます。


原則、回数券は6枚セットになっています。(東京~新大阪間では20枚も販売)
使える期間が購入日から3ヶ月なので、その期間中に全ての切符を消費する予定のある方、もしくは3名以上で同じ区間を往復する方にとってメリットがあります。


それでは、新幹線の回数券の購入方法・使い方・メリットや注意点を順に見ていきましょう。


新幹線回数券の購入方法・使い方・メリット・注意点

まず、新幹線回数券の購入方法から見ていきましょう。

 

新幹線回数券の購入方法

新幹線の回数券は、当然主要駅の窓口や主な旅行代理店の窓口へ行っても購入することができます。

その他、金券ショップへ行けば、回数券を1枚ずつ購入することができます。
一般的に回数券をまとめて購入するよりも、この購入方法の方が多く利用する機会があるでしょう。

 


新幹線回数券の使い方

次に、回数券の使い方です。
チケットを「みどりの窓口」まで持っていって、希望の日時と列車を伝えれば座席指定をしてくれます。
券を交換する場合と新しく発行してくれる場合があります。


特に指定が無ければ、自由席の乗車が可能です。
しかし、指定席に座る場合は、必ず駅の窓口か券売機で座席を指定しなければなりません。


 

新幹線回数券のメリット

回数券のメリットは、新幹線代が少しだけ割安になるところ。
3人で新幹線を往復利用する場合、同じ区間を何度も往復する必要がある方にメリットがあります。
例えば、3人で冠婚葬祭など出席のために新幹線を利用し日帰りする場合にはおススメです。


この回数券の大きな特徴として、指定を取った後でも列車の変更ができ、窓口で依頼することができます。
また、万が一、指定した列車に乗り遅れたとしても、その日のうちであれば後続の自由席に乗車する事が出来ます。
翌日以降は乗車券のみとして有効となり、回数券の有効期間中であれば新たに特急券だけ追加購入すれば新幹線に乗ることも可能です。

 


新幹線回数券使用上の注意点

ただし、注意したいのは「使えない期間がある」ということです。
年始、大型連休、お盆、年末は回数券を使うことができません。
有効期間が使用不可能の期間に含まれる回数券は、使えない日数分だけ有効期間がきちんと延ばされています。

 

他にも気をつけなければいけないことは、特急を乗り継ぐと割高になることもありますし、バラで払い戻しは不可能だということ。
購入時の6枚と一緒についてくる表紙も、必要になることがあるので、捨てずに取っておくことをお勧めいたします。